じっくり見てみる

普段は日曜休日なので、自粛期間中(平日)にしかできないことをとにかく先に
やっていたので、やっと落ち着いて写真を載せられます。

外観はこんな感じ。基本的にはノーマル状態が維持されていて助かります。

ボディは前オーナーがリペイントしているようです。あまり上手でないので自家塗装かも。
なぜかバンパーは塗らなかった?
フォグ付きのバンパーからノーマルに交換したのかな。これはいずれ塗り直したいですねー。

リアは至ってシンプル。マフラーもノーマルです。
赤エンブレムは手塗りなのでいずれ新しいものに交換します。

トランクにはスポイラーがついていた痕跡が。
穴埋め板金はお金がかかるので、同色のスポイラーを取り付けて隠すのが一番手っ取り早そう。

サイドはこんな感じ。
タイヤは転がし用のスタッドレスタイヤ。。。
純正のスチールもしくはアルミに変えたい。ぜひ変えたい。

サイドシルはやっぱりサビが来ていますね。今後の課題です。

フロントトランクです。スペアタイヤは欠品してました。
埃っぽいのでクリーニングします。

リアトランク。それほど状態は悪くないですね。
上部の穴がアルミテープで塞がれているのでちょっと謎です。
雨が入ると悪い影響でもあるのでしょうか。

車内もシンプル。カスタムされた車体が多いので安心です。
助手席のグローブボックスが無いですね。
1DINタイプの外部オーディオが取り付けられていたのかもしれません。
スカイサウンドのフロントスピーカーも取り外れた形跡がありました。

ボロい印象を一番演出しているのがこのリアスクリーン。。。
一番最初に手を付けないといけない部分です。
交換したいですが、とりあえず透明クロスで自分で張り替えてみます。

シートも破れやヘタリがあるものの、実用可能なレベルです。
せっかくなのでゼブラ柄は維持したいです。

古き良きカセットテープホルダー。
純正スカウサウンドオーディオのカセット機能をAUX端子にするのが主流のようですが、
ここはあえてのカセットを使っていくのもいいかも。

シンプルで落ち着くコクピットです。
カチッと決まるシフトは噂通り楽しいです!

特徴的な3眼メーター。初期のホワイトタイプがかっこいいです。
とりあえずはちゃんと機能しています。

社外品の油圧計がついていました。
これもオイル交換のついでにでも外したいなぁ。

ペダル。クラッチは軽くていいですね。
ブレーキはミニを彷彿とさせる踏んだ分だけ効くようなダイレクト感のあるブレーキでした。
エンジン音が楽しいのでアクセルはガンガン踏みたくなりますね。

ということで、手を入れたい部分はたくさんあるのでこれからのんびりと自分のビートに仕上げていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。