シートダイヤフラムの破れを1000円以下で直す方法

 

我が家のミニもとうとう破れました。運転席側のシートの座面ウレタンを支えるシートダイヤフラムです。
ミニの典型的な故障箇所でもあります。真ん中のゴムシートが劣化して破れてしまうんですね。

 

パーツを発注して交換しようと思ったら、高い!
どのショップの価格を見ても8000円〜9000円くらいです。こんな安っぽいパーツなのに結構値段が張るんですねぇ。

 

しかも、新品の取り付けは見たところ厄介な雰囲気。 いろいろ検索していると、ビニール紐を張り巡らせて代用している方がいました。
このやり方を応用してみました。購入したのは下の2点。

 

 

荷物梱包用のPPバンドと留め具として使うバンドストッパーです。
ホームセンターの梱包用品コーナーで売っています。合わせて847円。

 

 

完成した写真を撮り忘れました(笑)
フロアからのぞき込むとこんなかんじです。単純にウレタンを支えるようにPPひもを張り巡らせるだけです。
PPひも自体は丈夫ですし、留め具を付けて引っ張れば結構強く張ることができます。

 

座ってみましたが全く問題なし。緩んだり切れたりしたらまた取り付ければいいですね。
車内からは一切ひもは見えないのでこれで十分だと思いますよ。

 

1000円かからず修理出来ました。良かった。

シートダイヤフラムの破れを1000円以下で直す方法」への2件のフィードバック

  1. 参考になりました。
    私のミニも、ラバー部分が裂けて、眼高が下り、視界も良くなり、これはこれでありかな?と思いましたが、さすがに体育座りの軽い姿勢も腰にきそうで修理しました。
    ホームセンターにキッチンでおたまなどをかける、30センチ×30センチの格子のような四角のあみ板をあてて、張ってみました。次の車検までは何とかいけそうな感じがします。といいつつ、ずっと使ってたりして。様子をみてみます。ありがとうございました。ちなみに、ミニ屋では、パーツが11,000円、工賃が9,000円あと、消費税とのこと。今回、1,000円ちょっと。また、調整しながら、張り直していきます。

  2. お役に立ててよかったです。
    シートダイヤフラムは見た目の割にはお値段の張るパーツですよね。プロの方でも取り付けが大変なようなので、工賃も高いですね。
    このやり方はかなりお手軽ですので、オススメです。見た目はあまり良くありませんが、覗き込まない限り見えないので長く使っても良さそうですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。