iMacキッチンPC化計画

iPhone 6Sを買ったのはいいものの、我が家にあるのは初代Mac ProとよめさんのMac BookでどちらもMac OS 10.6ということでiPhone 6Sの必要環境を満たしていないのでした。

せっかくのiPhoneですからここはMacintoshに繋ぎたいのがMacユーザーの気持ち。
もちろんThinkPadもあるので使えないこともないのですが、なんとかしたい!

ここで登場するのがこちら。

DSC_4891

この写真はもう完成していますが。。。
ちょっと前に友人から壊れているiMac(Early 2008)を初代キスデジ(ハードオフで千円だった)とトレードしてもらっていたのでした。

起動しないため友人宅でにホコリだらけになっていたこのiMac。
ひとまずは手持ちのOSを入れて動作確認。どうやらハードディスクが壊れてしまっているようでした。

さすがに2008年製ですから普通に復活させただけではモッサリで通常使用もままならないでしょう。
ということでSSDを取り付けました。

P1030005

それからメモリーも取り付け。4GB2枚です。でも認識するのは最大6GB。
このタイトルにもあるようにキッチンにおいてiPhoneの各種同期とミュージックサーバー、レシピのチェックなどの軽作業のみ。このスペックなら長く使えそうです。

imac2

そして最新のMac OS 10.11をクリーンインストール。我が家はスノーレパードで止まっていたのでインターフェイスがとても新鮮。かっこいい!

それから、キッチンで快適に使うために繁雑なコード類はありえないので、ワイヤレスのキーボードとトラックパッドをヤフオクでゲットしました。
それが一番上の完成図です。2008年製と古いながらもフルスペックにカスタムしてストレスなく動作しています。

よめさんも音楽を聞きながらキッチンに立っているので復活させてよかったなと思いますー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。