平成最後の車検「そうそう、これが輸入車の車検だった。」編

平成最後の夏にBMWが車検を迎えました。

我が家のBMW 318iツーリング(E46)は平成17年(2005年)新車登録で、かれこれ13年落ちであります。
走りも使い勝手もよく、気に入っているので年号が変わっても乗り続けるために、大掛かりな修理も一緒にお願いしました。

見積もり内容はざっとこんな感じ。

・エンジンヘッドカバーパッキン交換
・オイルパンガスケット交換
・エンジンマウント交換
・バキュームポンプパッキン交換
・クーラントホース交換
・ブレーキフルード交換
・ロアアームブッシュ交換
・フロントスタビライザーロッド交換
・エアフィルター交換

などなど、主にオイル漏れと冷却水漏れに関する修理です。見事に樹脂パーツばかり(笑)
上の写真のように継ぎ目という継ぎ目からオイルが漏れていると言っても過言ではないです。
これはE46でよくある症状らしいのですが、うちのはひどくてオイル漏れは1日停車しているとポタポタと地面に跡がつくような状態。
(ご近所さんがオイル漏れてるよ!って教えてくれました!知ってるよ!涙)

でも、驚いたのはその金額。車検の費用と合わせて約42万円ほどの見積もり!
以前のブレーキマスター交換でもお世話になった近所の輸入車専門の修理屋さんにお願いしました。ディーラーではもっと高くつくことでしょう。
家族会議をしてOKも出たので、しっかり治してもらうことにしました。

エアコンフィルターはこの前交換したし、ワイパー交換など自分でできるものは極力省き、信頼できるOEMパーツがあればそちらを流用、
ショックアブソーバー交換とATF交換はまた今度に延期することにしました。

これでもう少し費用を削減できるといいのだけれど。。。
見積もりを出してもらっている時にミニに乗っていた頃の車検を思い出しました(苦笑)

やっぱり輸入車はこうなるのよね。。。
でも乗り味が素晴らしいからやめられないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。