きみの名は「Nikon F70」

ブックオフのジャンクコーナーで見つけました。
ほぼ使用していない個体のようで、プラスチック部分はマットな状態でとても綺麗。
さらにフイルム室にはシャッター幕保護のフィルムがまだ残っていました。
もしかしたら未使用だったのかもしれません。

980円でゲットしました。
操作性はすこぶる悪いですが、液晶部がGショックみたいでかっこいいですね。
しばらく遊んでみようと思います!

きみの名は「FUJIFILM GFX 50S」

今となっては型落ちになってしまった機種ですが。。。

発売してから比較的早く富士フイルムさんからお借りしました。
高画素が必要な撮影はあまりないのですが、ここぞという時に使いたくて
1台あってもいいかなーと借りたのでした。

画質は文句なしですね。大きいセンサーならではのレタッチ耐性。
シャドウを持ち上げても違和感があまりなくてとても良いです。

ボディーは仕事で使うにはちょっとヤワな部分も感じました。
EVF取付部のぐらつき。少し心もとない。
シンクロ速度が1/125秒と遅いのもちょっと困りもの。1/200まで切れるとありがたかった。

でも、富士フイルムのXシリーズの雰囲気たっぷりで、カメラを手にする喜びは
十分味わえます。新機種も出て、お手軽に大型センサーを扱えるのはとてもいいと思います!

きみの名は「Sony α7s」

数あるαシリーズの中でもオススメしたいのが、このα7sです。
画素数はパッとしないですが、高感度はなかなかよいですね。

画素ピッチが広いので非常にトーン豊かな画像が得られます。
ハイキーでもローキーでもいける懐の広さはこの機種ならではのもの。

レンズ遊びにも最適で、広角レンズを装着しても画像周辺の色被りはほぼ発生しません。
この写真のような、おもちゃの17ミリレンズをつけてもなかなか雰囲気のある写真が撮れて楽しいカメラです。

外観はいまいち高級感はないです。でも、画像は濃厚で素晴らしい。
値段も結構お手頃になってきましたので、ぜひ一度は触ってください。

きみの名は「Nikon D500」

こちらも仕事用機材。
D500発売後すぐに導入しました。

レンズはAF-S Nikkor 18-300mm F3.5-5.6 DXを装着して撮影しています。
完全にスナップカメラですね。大伸ばしの仕事はレンズを変えるか、D810で撮るので、
高倍率ズームレンズが重宝しています。画質もよいです。

キビキビと動いてくれるのでストレスなく撮影できますね。
難点はバッテリーの持ちが悪いことでしょうか。
社外品のバッテリーグリップを装着していても、頻繁に電池交換必要なので、
予備のバッテリーは現在5本あります(笑)

仕事中に一度落下させてしまい、マウントごともげてしまったという大事故が
ありましたが、見事に復活して今に至ります。

信頼できるスナップカメラです。

きみの名は「Nikon D810」

仕事用の機材です。
かれこれ4年ほど使っていることになるかと思います。
当時はD4が欲しかったのですが、会社支給品なので文句は言えません。

レンズは旧タイプのAF-S Nikkor 24-70mm F2.8を装着して撮影することがほとんどで、
主に集合写真撮影専用機になっています。

画素数もそこそこあるので、集合写真撮影にはちょうどいいですね。
いまとなっては撮影時のモッサリ感はありますが、スピードを求める撮影には用いないので十分ですね。

大きな故障はないですが、ホットシューの金属プレート(バネ?)が何回か取れました。
クリップオンストロボのつけはずしが多いからかなー。

仕事をそつなくこなしてくれるので信頼できる機材です。