きみの名は「LUMIX GX7 Mark II」

お手軽なコンデジを探し求めてたどり着きました。
GR3はまだ高くて手が出ない。
GH4をムービー用に持っているので、レンズが共用できるのでひさしぶりにGXシリーズに戻ってきた次第です。

デザインが洗練されてかっこよくなりましたね。
GX7Mk2ならコンパクトですし、普段何気なく使うには十分なスペックです。

社外品のサムレストを付けてます。かなりホールド性よくなるのでいいですよ。

ヤフオクで手に入れたのですが、何よりも値段がお手頃でびっくりでした。
申し分ない性能で、デザインで、低価格、すばらしいことですね。

20ミリF1.7も買って、普段から持ち歩いています。
このレンズも昔使っていたけどやっぱりいいレンズです。

きみの名は「キヤノン P」

キヤノンPは以前から気になっていたカメラでした。
廉価版ですが、無駄のない機能美とデザインがスパルタンでシンプルでかっこいいなと思っていましたね。

キヤノン7ではなく、本当に美しいのはPだと思うのです!(個人的な感想)

これもブラックリペイントで、整備済が出たので買ってしまいました(笑)

シャッター幕はおなじみのシワが少し出ていますが、特に問題はありません。
Lマウントのスコパー21ミリがよく似合います。

ファインダーの出来はイマイチですが、ライカとはまた違った楽しさがありますね!

きみの名は「オリンパス PEN S ブラックペイント」

整備済、リペイント済の美しい個体に心惹かれて購入してしまいました。

昔ほどフイルムで撮影しないので、あまり使う機会がないですが、
せっかくなんで使ってやろうと出してきました。

コロンとしていますが、フルマニュアルのカメラでロマンがあります(笑)
ブラックペイントで、マニュアルで、ハーフで、これで十分満足です。
シルバーモデルも以前所有していましたが、ブラックの方がやっぱりいいですね!

きみの名は「Phase One P30」

ある日思い立ち、ヤフオクで入手。
一度は使ってみたかったデジタルバックです。

クラシカルなモデルで、発売は2005年。
初期型であるP30でP30+ではありません。なのでライブビューはできません。

お遊びで使うなら十分です。
P30の特徴は高感度と長時間露光だそうですが使ったことないです笑

手持ちのSWCと500C/Mにシームレスに取付可能。
この辺は古いLeafより良いかも。バッテリーがサイドに取り付けなのでSWCにも問題なく装着できました。

ハッセルお持ちの方はどのモデルでもいいと思いますので、一度は手にしてみてください。
センサーサイズの大きさはクオリティに比例しますね。
画像の情報量が圧倒的に違いました。素晴らしいです。

きみの名は「Leica M10-P」

手に入れて随分立ちますが、旧Leica M-Eから鞍替えして、M10-Pにグレードアップしました。

シャッター音の静かさに心打たれましたね。
ボディの厚みもフイルムのM型ライカと同じになり、握り心地がかなり向上しました。

CCD機の独特な写りも捨てがたかったのですが、M10-Pでもしっとりとした描写は健在です。そして、ボディの精密度はこちらのほうがかなりいい感じがします。
タッチパネルと外部ビューファインダーも何かと便利です。
M型ライカでレンズ遊びができるのですから、電子ビューファインダーは必須です。

なかなかフイルム、特にモノクロ自家現像も我が家では難しくなってきたので、
デジタル機での撮影がメインになってますね。
でも、心躍るカメラで撮影したいというわがままを叶えてくれるのが、このM10-Pだと思います。