2度目の車検

1991年式ホンダビート、我が家に来て2回目の車検がやってきました!

ECUは点検済なので、意気揚々とテスター屋に持って行ったところ、
ステアリングラックブーツ切れを指摘されてしまいました。
その日に車検コースの予約もしていたのですが、連休の中日だったので修理できず、この日の車検は断念。。。

かかりつけの修理屋さんに飛び込んで、ブーツ交換を依頼。
パーツもすぐに届いて2〜3日で修理から上がってきました。

念のため、再度テスター屋さんへ。光軸調整もしてもらいました。
ヘッドライト磨いたのですが、光量ギリギリみたい。次回はLED化かなー。

その後、車検も無事に通って、この先2年間ビートに乗り続けることができるようになりました!よかったです!

ECU再修理

エンジンチェックランプが点灯してから早8ヶ月以上が経過しています。
今のところ、シリンダー判別センサーの故障というのがECUの自己診断結果で分かっています。

チェックランプが点灯していても、走行には問題ありませんでしたから、ここまで乗ってきました。
が、しかし。車検はダメです。100%通りません。

ということで、ECUの修理に着手することにしました。まずは原因を特定したいですね。
過去にメーターを試しに交換したけど、点灯したまま。メーター故障ではない。
関東地方のビート専門店、ボディショップカミムラさんに行くことに。

メールでやりとりする中でも、ECU故障の可能性が9割とのことでした。
シリンダー判別センサーが壊れることが少ないのと、本当に壊れると走行できないそうです。
直接お店に伺い、テスト用のECUに交換してもらったら、あっさりとチェックランプは消灯!
原因はECUにあることが確定しました。

それ以外にも軽く点検していただき、長く乗るつもりなら定期点検で問題点を洗い出すことをお勧めされました。
いずれ、総点検してもらって診断してもらおうと思います。

現在搭載しているECUはヤフオクで出品されている修理人の方に直してもらったものです。
約2年ぶりにメールをしてみましたら、ご丁寧に対応してくださいました。
すぐに診断と修理をして送っていただきました。1回では直りきらず、2回の修理を経て無事、修理完了となりました!

チェックランプの点灯しないメーターは気持ちが良いですね!
心なしかエンジンの回転もスムーズになった気がします。

ヘッドライト磨き

ジャンク市で手に入れたヘッドライト磨きコンパウンド。
それからアマゾンで買ったホルツのヘッドライトコーティングシート。

これらを使ってビートのヘッドライトを磨いてみようと思います!

ささっと手磨きした感じでこんな結果です。
黄ばみは取れたかなーって感じですね。水研ぎからすればもっとクリアになるんでしょうけど、
面倒でこんなとこで諦めてしまいました笑

気が向いたらまた磨こうと思います!

ジャンキーな5月

5月は大好きなジャンク市が目白押しでした!

まずは川越、武蔵野ガレージセールから行きましょう!
ちょっと距離があるので、少し早めに出発です。

圏央道ドライブが楽しいです^^
武蔵野ガレージセールの会場はオフロードサーキットです。

ジャンキーさが一番あるのがここだと思います。
カメラとかガレージ用品をいろいろ購入しました!

次はいつものエクスチェンジマート。
今回は大磯ロングビーチ駐車場で開催でした!

かなり早く出かけたので、スムーズに駐車できました。
朝焼けがいい感じです。

グッとくる出品が多くてたくさん買ってしまった笑
ここでもカメラとか無線機とか農機具などなど。

大磯会場はアスファルトで舗装されているので、足元が快適です。
この日は昭和のクルマもたくさん集まっていて、見て回るだけでも楽しかった!

先ほどまでのジャンク市は自動車やオートバイ関係の車体や部品がメインでしたが、
こちらは無線家たちが集まるジャンク市。無線機やその周辺部品などがたくさん集まります。
また、年1回という希少性もあり大変賑わっておりました。

ここではMacbookとか、無線機のアンテナなどをゲットしました。

そんなこんなで、目一杯楽しみました。散財もしましたが、いい買い物がたくさんできたので良しとしましょう!

ビートロゴ(レプリカ)の制作

我が家のビートには車体側面のビートのロゴステッカーが貼ってありません。
物足りないなぁとずっと思っていたのですが、ボディはいずれ板金とオールペンするつもりなので、純正シールは貼るのはもったいない。

ということで、自作することにしました!
画像検索でオリジナルのビートロゴの画像をIllustratorに取り込んで、パスを起こします。
ミッドシップアミューズメントの書体はカットの都合上、別の書体です。
(細すぎるとうまくカットできないし、接着不足が心配なので。)

カッティングマシンでカットします。久しぶりに引っ張り出しました。
昔買ったホワイトのカッティングシートです。

カットしただけだと余分な部分がありますので、不要な部分は剥がし取ります。
この作業がちょっぴり手間がかかります。。。

アプリケーションシートという透明のステッカーに張り替えて、
ようやくボディに貼ることができます。

位置決めをそれなりにして、マスキングテープでガイドを作ります。
(自作なのでかなり適当。失敗したらまたつくればいいので)

アプリケーションシートの上から良くゴシゴシして、密着させます。
貼り付ける前にはもちろんシリコンオフで脱脂もしますよ。

赤ボディにホワイトロゴでいい差し色になったと思います。
少しサイズが大きかったですが、これくらいの仕上がりなら十分満足です!
カッコよくできたと思います!