今度は会社のiMac

会社のロビーに置いてあるiMac 2008が起動しなくなってしまったので、修理です。

いい加減買えよという感じもありますが、ほぼデジタルフォトフレーム状態なので、新品にするほどでもないのも確かです。

ということで分解。ハードディスクの故障っぽいです。再インストールも面白くないので、SSDに換装しました。SSDは新品を買ってもらいました。
ついでにメモリも最大まで増設。

Mac OS El CapitanのUSBディスクをあらかじめ作っておいたので、
インストールは簡単です。クリーンインストール派です。

バッチリ。いままでスノレパで放置していたので気持ちいいです。

ここで薄型iMacになるかなーと期待していたのですが、まだまだ使えそうですね。
SSDとメモリ増設でそこそこ動くようになりました。

ボンダイブルー

仕事で江戸東京博物館に行ったら展示されていました。
平成の特別展示の中に初代iMac、ボンダイブルーなので正真正銘の初代iMacになります。(5色になるのはこの後のモデルから)

当時とっても憧れていたのですが、結局CRTディスプレイのiMacは手にすることはありませんでした。
我が家はフラットパネル(いわゆる大福iMac)からスタートでしたね。
あ、でも兄弟機種のeMacは持ってました!結構気に入って使っていましたよ。

もう20年も経つのにびっくりしますね。。。あっという間です。

初ライゼン

新入社員が入ってくるのに伴いコンピュータ増設です。
今回は試しにAMDで行っていました。RYZENも気になっていたので!

仕事では、PhotoshopかIndesignくらいのものなので、RYZENでも十分でしょう。
コスパのAMDちゃんと働いてくれるかな。

メモリエラーとの戦い

仕事用のコンピュータ(Core i7 6700K)がメモリエラー起因のブルースクリーン多発。
8GBのDDR4メモリを4枚装着しているのですが、どうやら1枚死んでしまったようです。

MemTest86+を走らせてメモリチェック。やはり1枚だけ逝ってました!
新しいメモリに交換して修理完了。
メモリに異常があるとブルースクリーン以外にもファイルコピーに支障をき足すんですね、いい経験になりました。

紆余曲折

愛用していたLenovo ThinkPad X230ですが、ご臨終いたしました。。。(涙)

原因は軽はずみなBIOSアップデートをしたことにより、起動しなくなってしまったのです。
BIOS修理で有名な「オガワマシンエレクトロ」さんに修理を依頼するも、X230用の修復データがないらしく、修理不能とのこと。

こうなってしまっては打つ手がありません。諦めることにしました。。。
思えばこのX230もいろいろ手を入れてきなぁ。

・メモリー増設(8GBに増やしました)
・SSD換装(余っていたSSDがあったので、HDDから交換)
・英字キーボード換装(ThinkPadといえばキーボード交換です)
・液晶パネル換装(画面端が映らなくなってしまったので、交換しました)
・バッテリー交換(付属していなかったので、取り付けました)

とまぁ、こんなかんじでいろいろいじっていたので愛着が湧いていたのですが、文鎮化してしまっては同しようもないですね!
何か別のノートPCを買うことにします。。。