リアスクリーン取り付け

紆余曲折ありましたが、リアスクリーンはリベット留めからボルト留めに変更し、引っ張りに対しての耐久性がアップしたことでしょう。

ということで早速取り付けます。

幌と共締めで固定するのですが、早くもこの固定からちょっと難儀しました。
幌もリアスクリーンも劣化による縮みがあるので、基本的に取り付け穴と合いません(涙)

しかも運転席側2ヶ所サイズ違いのボルトが打ち込まれており、幌カバーのホックを受け付けなくなっています。。。

押したり引いたりしながらどうにかこうにか取り付け完了。
リアスクリーンのファスナーを閉めるのも一苦労。普通に閉めようとすると5センチくらい届きません。。。
幌を半分くらい開いた状態でたるませてなんとか閉めました。

気温によってスクリーンの柔軟性も変わってくるので、夏場なら問題なさそうです。
逆に冬場はもっと苦労する気がします。

やはり正規のサイズよりもリアスクリーンの枠が縮んでいるようです。
素直にスクリーンを張り替えたのですが、シワが寄ってしまいました。
まぁ、でも最初のボロ状態よりはかなり見栄えは良くなったので、
しばらくこのまま使っていこうと思います。

いずれは幌ごと交換して、ガラスタイプにしたいですね。

納車時よりはかなり見栄えが良くなったと思います。
遠巻きに見れば問題ないです。後続車に見られてもとりあえずは恥ずかしくないかな。

車内からも後続車両を確認することができるようになりました。

これで、近所を走り回っても恥ずかしくない程度には状態回復したと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。