ハイマウントストップランプを修理する

我が家のビートはリアスポイラーの取り付けてあった形跡があり、
リアトランクフードには穴が空いていてテープで塞いである状態でした。
板金で塞ぐのもお金がかかるので、スポイラーを再度取り付けることで穴を塞ごうと思います。

ということで、ビートの純正リアスポイラーをヤフオクで手に入れました!
ボディ同色でちょうど良かったのですが、ハイマウントストップランプが点灯しないというジャンク品です。

チェックしてみると基盤がダメで通電していないようです。
肝心の基盤とLED部分にアクセスしたいのですが、分解できない仕様みたい。。。

ミニルーターで切断を試みましたが、歯が立ちません(涙)

ルーターがダメならグラインダーでしょ(笑)
ということで簡単に、そして大胆に分解しました!
直せないようならストップランプだけ交換してもいいしねー。

基盤は腐食している部分もあるし、LEDを打ち替えるも面倒なので、
アマゾンでLEDテープを注文。50センチで600円の大特価です。

ベースプレートは2ミリ厚の塩ビ板で製作。その上にLEDテープを貼り付けるだけです。
LEDテープというだけあってLEDの裏面は両面テープになっています。便利です!

12Vの乾電池ボックスで動作確認。結構明るさあるので実用性十分です!

トランクを開けて見えていたカプラーがハイマウントランプ用でした。
配線は簡単そうで良かったです。

トランク内を配線通すのにちょっと苦労しましたが、
引き込み用の針金を通して解決。

スポイラー取り付け部分は腐食でグズグズになっていました。
ここまでくると崩壊するのも時間の問題ですね。

スポイラーはボルトオンでバッチリでした!さすが純正だけあってカッコいいです。

動作も問題なし!いい感じです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。