BMW 318i Touring (E46) を総括する

人生初のBMWでしたが、とてもいいクルマだったなぁというのが感想ですね!
言い方は悪いけど、腐ってもBMWって感じで、駆け抜ける喜びを味わえました。

フロントのキドニーグリルとヘッドライトカバーそれからエンブレムは社外品に交換しましたね。
中国製社外部品はとっても安くて気兼ねなく交換できます。クオリティもそこそこ。

ステーションワゴンは機能性と走行性を兼ね備えたクルマの理想形ではないでしょうか。
とっても便利でした!

リアから見るとちょっとレトロな感じですがそれはそれで好きでしたね。

ラゲッジルームも広くて家族4人分の旅行荷物もバッチリ積めました。

車内のこのカラーリングも好きでした。
ボディのグリーンと室内のベージュがどことなくブリティッシュな感じで、
ドイツ車ながら楽しんでました。

最後の最後でリアウィンドウのレギュレーターが壊れました(笑)
E46おなじみの故障ですね。

これは輸入車全般そうでしょう。ルーフライニングの落下。
画鋲で止めてました(笑)

エンジンは4気筒ながらスムーズなフィーリングでした!
確かに鼻先が軽く、スイスイ曲がれる気がしました。

BMWのインテリアはシンプルで好きです。古いけど、落ち着く空間です。
ナビは1DINのサイバーナビが付いてました。不要なときはモニターをしまっておけるので、
見た目もよく、便利でした。

伝統のメーターパネルもカッコいいと思います。
最終的に93000キロ走りました。
67000キロで我が家に来ましたので、そんなに走ってません。

ちょこちょこ故障はありましたが、それでもいい車でした。
当時は高級車ですから作りもよく気持ちよかったです。

次も同じ車なので、あまり寂しさはありませんが、エンジンの違いを味わってみようと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。