ビートロゴ(レプリカ)の制作

我が家のビートには車体側面のビートのロゴステッカーが貼ってありません。
物足りないなぁとずっと思っていたのですが、ボディはいずれ板金とオールペンするつもりなので、純正シールは貼るのはもったいない。

ということで、自作することにしました!
画像検索でオリジナルのビートロゴの画像をIllustratorに取り込んで、パスを起こします。
ミッドシップアミューズメントの書体はカットの都合上、別の書体です。
(細すぎるとうまくカットできないし、接着不足が心配なので。)

カッティングマシンでカットします。久しぶりに引っ張り出しました。
昔買ったホワイトのカッティングシートです。

カットしただけだと余分な部分がありますので、不要な部分は剥がし取ります。
この作業がちょっぴり手間がかかります。。。

アプリケーションシートという透明のステッカーに張り替えて、
ようやくボディに貼ることができます。

位置決めをそれなりにして、マスキングテープでガイドを作ります。
(自作なのでかなり適当。失敗したらまたつくればいいので)

アプリケーションシートの上から良くゴシゴシして、密着させます。
貼り付ける前にはもちろんシリコンオフで脱脂もしますよ。

赤ボディにホワイトロゴでいい差し色になったと思います。
少しサイズが大きかったですが、これくらいの仕上がりなら十分満足です!
カッコよくできたと思います!

なんとなくエンジンルーム

ソフトトップを交換した時に久しぶりに見たエンジンルームです。
エンジン載せ換えたあとにまじまじと見るのは実は初めて。

ヘッドカバーが青く塗装されているのが印象的ですね。
場所が場所なだけに洗車のついでにエンジンルームのクリーニング!なんてことは気軽はできないので、薄汚れてしまってます。

定期的に掃除してあげたいところですが、普段見ることもないので、気が向いたらやることにします。

シートカバー

新品未使用品がヤフオクに出品されていたので、軽い気持ちで入札だけしたら落ちてしまってました笑

せっかくなので取り付けてみました。
ビニールレザーで明るめのブラウンだったので、どうかなーと思いましたが意外とマッチしてます。

レザーの感じも悪くないです。
ノーマル至上主義ですが、いつでも戻せるのでしばらくこのまま楽しむことにします!

ホロ

ソフトトップも中古品ですが状態の良さそうなものが出品されていたので、
落札してみました。

これは交換前の状態。全体的にかなりくたびれた感じ。
破れなどがあったので、以前に補修シートを貼って対処しておりました。

骨付きのソフトトップだったので、それほど苦労せずに交換できました。

ご覧ください。いい感じじゃないですか。
中古でもこれくらいなら大満足です!リアスクリーンはそのまま流用です。

多少の縮みはありますが、以前に比べたら雲泥の差です!
これくらいの状態を維持していきたいのですが、青空駐車なのでケミカルだけの対策で延命できるかどうか。。。

バンパーを交換する

年末に欲しいパーツがたくさん出品されていて、次々と手を出してしまいました笑

ということで色あせていたフロントバンパーも交換です!
ボディ同色でフォグランプ付きのバンパーです。クリアハゲがありますが、いまのよりは変色が少ないので即決。

サクッと取り付けて出来上がりかと思いきや、やっぱり玉切れ!涙
ホームセンターで電球を買って即交換しました。断線の懸念がありましたが、それはなくてひと安心。

フォグランプ周りのガーニッシュもペイント劣化していたので、
つや消しブラックでサクッと再塗装しました。

うちのビートはもともとフォグランプ装備車だったようで、運転席にはスイッチは取り付け済みでした。
飾りのスイッチでは寂しかったので、運良くフォグランプ付きのバンパーが手に入ってよかったです。

顔つきもちょっとかっこよくなりました!