ナビの仮組み

じっとしてられなかったので、仕事を終え、夕飯を済ませてから早速作業開始。

オーディオパネルとエアコンパネルを外します。

基本的にコネクタを刺すだけの簡単設計ですので、接続は難しくありません。
テスト起動も問題無し。一安心です。

エアコンのパネルは小物入れをひとスロット潰して、下段に移設します。

動作確認も兼ねて、とりあえず取り付けましたがアンテナ線のコネクタが合わず変換アダプターが必要な事が判明。
それ以外は特に問題なく音も出たし、Wi-fiの受信もOKでした。
イルミネーションも同色に設定できるし、なによりもこのフィッティングがすばらしいですね!

リアカメラの設定と配線を整えたいので、また近いうちにバラします。

メンテナンスノート

[2003年7月17日]
・新車登録日

[2005年8月23日]
・左右ドアミラーモーター交換

[2005年10月31日]
・イグニッションコイル交換

[2014年7月14日]
・ファンベルト交換
・クーラーベルト交換

[2014年10月4日]リコール
・助手席フロントエアバック交換

[2017年1月12日]リコール
・運転席エアバック交換

[2020年6月19日]リコール・メンテナンス
・助手席エアバッグ交換
・フロント左右ウィンドウレギュレーター交換

[2018年9月6日]
・リア右ウィンドウレギュレーター交換

[2020年9月21日]納車整備
・エアコンベルト交換
・オートマティックトランスミッション交換(走行8万キロ中古部品)
・オートマフルード、ストレーナー、パッキン交換
・ブレーキフルード交換
・フロントブレーキパッド交換
・エアコンフィルター交換
・リア左ウィンドウレギュレーター交換
・サンルーフシェード部品補修

[2020年9月26日]36,460km
・我が家へ納車

[2020年10月4日]
・中華製アンドロイドナビ(Xtrons PQ8046BL)取り付け
・ETC車載器載せ替え(318から流用)
・ドライブレコーダー載せ替え(318から流用)
・レーダー探知機載せ替え(318から流用)

[2020年10月11日]
・タイヤ組み換え(318からADVAN dB流用)

[2020年12月30日]
・レーダー探知機交換(COMTEC ZERO 307LV)
・セントラルスイッチ交換(エアコンパネル移設用)

今更だけど、E46 BMWのナビを考える。

318iではカロッツェリアのサイバーナビが搭載されていました。
昔よくあった1DINでモニターがせり出してくるタイプのものです。

地図更新をしたり、音楽や動画を取り込んだりしてそれなりに活用していました。
ナビが不要なときにはモニターをしまっておけるのが便利でしたね。
しかし、現在では残念ながら1DINナビを日本のメーカーは製造していないようです。
2DINを搭載することもできるようですが、内部のパネル切削が必要で大仕事になりそう。。。

何か良いものは無いかなーと調べてみると、中国製でE46のパネル形状に合わせたアンドロイドナビが数社から発売されている様子。
加工も必要なく、ポン付けで行けそうです。これはいい!

パーツ類の入手のしやすさで実感しますが、このようなユーザーが多い車種は、
世界中から情報も入るのでカスタマイズしやすいですね。

AtotoやEONON、Xtronsなど読み方のよくわからない中国メーカーが
各社E46向けアンドロイドナビを発売しているみたいです。
その中で、選んだのはXtrons製のAndroidナビ(ヘッドユニットというべきか)。
型番はPQ8046BLというもの。

もっと安い物もたくさんあるのですが、この機種はワイド液晶でかっこよかったので選びました。値段はちょっと高めですね。。。
でも、価格相応にCPUやメモリもそこそこスペックが良いので、アンドロイドもそれなりに動くでしょう。

アマゾンでは国内販売されていなかったので、Aliexpressで中国から直輸入です!
ちょっと怖いですがいっちゃいましょう!(笑)

DHL便で1週間ほどで到着。近所に営業所があるので直接受け取りに行きました。
中国から発送にしてはとってもスピーディです。
DHLの送料と関税を取られました。合わせて5000円くらいかな。意外にも梱包は大変美しい。テープぐるぐる巻きかと持っていましたが(笑)

ナビ本体と同時に揃えたのは128GBのマイクロSDカード(音楽や動画用)と
汎用品のバックカメラです。

内容物はいたってシンプル。
GPSやWi-Fiのアンテナをはじめとするケーブル類です。
基本的にはカプラーオンで取り付けできるので簡単そうです。

ボタン類に若干の安っぽさは感じますが、E46に適合するアンドロイドナビの中ではこのXtrons製のモデルが一番デザインが洗練されていると思います。

ひとまず動作確認も兼ねて取り付けしてみようと思います。

納車前のいろいろ

前途多難なE46 325iツーリングですが、ぼちぼちと整備は進んでいます(笑)
リフトに乗っているとのことだったので、会社帰りに見学させていただきました。

ご覧のとおりミッションは取り外されています。

こちらが新旧ミッション。
左が新しいもの(とは言っても8万kmモノ…)と右のはもともと付いていた問題のやつ。


古いミッションは内部がオイルでベタついています。
通常はこうならないそうで、これを治すにはオーバーホールになってしまうという。。。

数日後、無事にトランスミッションが取り付けられ、走れるようになりました。
しかしながら実走行でのテストがまだなのと、ナンバープレートの手続きがまだ残っているので、
納車はもうちょっと先になるみたい。

修理工場で新旧のクルマが揃ったので、使えるパーツの取り外し。
節約のために場所を借りてDIY(笑)ETCやらレーダーやらを318から外してきました。
それから325で加工痕や割れのあったエアコン吹出口を318のものと交換。
替えたばかりのバッテリーも取り外し、タイヤも新品なので325へ流用します。

並んでいるのを見ると感慨深いですねぇ。
318もいい車だったなー。なかなか見ない色だしね。

納車が待ち遠しいです!