アマチュア無線技士の免許を取ってみる

免許のいらない無線遊びを日頃しているのですが、
せっかくならアマチュア無線技士の免許を取ってみようかなと、ふと思い立ちました。

免許と取得するためには一発受験と、対面講習会とこのeラーニングがあるそうですが、
仕事終わりにのんびりとやりたかったので、3級アマチュア無線技士のeラーニングを選びました。

申し込むと数日のうちに教科書が到着。とりあえず教科書とにらめっこ。
定番の参考書「完マル」くんも手に入れました。(結局あまり使いませんでしたが。。。)

カリキュラムが用意されているので、それに従って進めていくだけです。
法規と無線工学という2分野があり、それぞれ小テストと中間試験をこなしていく感じです。

知らない用語ばかりで、最初はよくわかりませんでしたが、合格率100%らしいので、とにかく進めていくことにしました。

ビデオ教材もあるので、こっちのほうがわかりやすかったです。

ぶっちゃけてしまうと、このビデオ教材はあとに課される中間試験の問題に基づいて解説をしてくれます。
このビデオを見ておけば、あとで同じ問題が出てくる。これが合格率100%の仕組み。

よっぽど記憶力の悪い人でなければ、合格は間違いないでしょう。

仕事終わりに毎晩1コマ進めるを繰り返し、eラーニング講座は2週間程度で終了。
ネット上での判定試験に合格したので、最後は修了試験です。

この修了試験だけは自宅ではなく、全国各地にあるテストセンターということころで、受験しなくてはなりません。
事前に予約をして、これも仕事終わりに最寄りのテストセンターへ行って受験しました。

修了試験もeラーニングで見たり聞いたりした問題から出ますから、
合格間違いなしです。

合格してもすぐに無線ができるわけではありません。
コールサインという無線をするための名前をもらうために、使いたい無線機で総務省へ申請を出します。

僕はとりあえずエクスチェンジマートで手に入れた1000円のハンディ無線機で申請することにしました。

コールサインも決まったので、電波を出して他の方と更新することができます!
フリーライセンスラジオと違って手続きが色々必要なのですねー。

アマチュア無線はまだわからないことばかりですが、コツコツとやっていこうと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。