VH-9900に音楽と動画を入れてみる

年代物のサイバーナビAVIC-VH9900はCD/DVDのスロットはあるものの、
今では当たり前のSDカードやUSBメモリのスロットはありません。

P1050097

その代わりにブレインユニットという専用のハードディスクスロットが搭載されています。
このナビは実は2DINでセットするのですが、モニターユニットとブレインユニットは分離して設置も可能です。
我が家のBMWではブレインユニットを助手席のグローブボックス下にセットしてありました。

早速、音楽の転送作業から。車内からブレインユニットを取り外し自宅へ。
コンピュータとの接続にはリビングキットという専用のドックに差し込んで使います。

navi (3)

データの転送はフォルダにポンというわけには行かず、専用のソフトウェアが必要とのこと。
パイオニアのウェブサイトでは2014年の最新版がダウンロード可能になっています。
果たして、我が家のWindows 10で動作するのか。。。

navi-2

とりあえず、ナビスタジオはインストールできた!Windows 10でも動作可能(念のためXPモードで起動してます。)
ナビスタジオ自体は地図の地点登録や起動画面のカスタムなどが可能なランチャーソフトです。

音楽や動画の転送は別のソフトウェアがまた必要になるのです。面倒だ(笑)
それが上のBeatjamというソフト。あの一太郎で有名なJustsystem製です。
これもウェブサイト上に最新版Beatjam5があったのでダウンロード。

インストール時に製造番号を入力しないと先に進めません。ここで少しつまづきました。
でも、落ち着いて下さい。ブレインユニットの底面にシリアルが振ってありますので、それを入力です。

インストールも無事完了し、サクサクと音楽データも転送修了!
クルマへ持っていき再生!できませんでした。。。なぜでしょうか。何度かチャレンジしたのですが、転送は確実にできている(ハードディスクの容量で確認)のですが、ナビで再生できないのです。

P1050792

これはもしや、Beatjamのバージョンがいけないのかも。と思い、付属のCDから旧バージョンをインストール。
もちろん、起動時にはXPモードで。すると、時間はかかりますが、あっさり転送完了。再生もOKでした。

このソフトの特徴といえば、音楽転送時に曲解析という作業が入ることです。
MP3データをナビ用に変換しているのでしょうか、この解析作業をしないとブレインユニットに転送できません。独特のインターフェースなので慣れが必要ですね。
今後は車内で直接CDから録音させようと思います。

P1050818

車内ではこんな感じです。
かなりアバウトにMP3データをブレインユニットに転送。
すると、半分くらい曲目が出ないですね。BGMなので曲目はあまり気にしないし、ちゃんと使いたいときはiPhoneでAUX端子で入力するので良しとします。

navi (1)

さて、今度は動画です。こちらは比較的あっさりと転送OKでした。
Beatjam Video Converterというまたよく似た別のソフトの登場です(笑)
これも付属のCDからインストールしました。

取り込める動画形式に制限があるようです。
いくつか試した中では、WMV形式だとスムーズに転送が可能なようですので、
入れたい動画をあらかじめ、Adobe Media Encoderで変換して取り込みました。

P1050822

動画もバッチリ。音楽よりもあっさりと転送できました。
渋滞のお供ですね。

長くなりましたが、音楽・動画の転送には半日費やしました(笑)
やり方もだいたいわかったので、これからはスムーズにできると思います。

次は地図更新!

サイバーナビをてなづける

前車のインテグラに取り付けていたのはケンウッドの彩速ナビでした。
非常にスムーズな操作性でストレスフリーだったので、BMWにも持ち込もうかと思ったのですが、すでにナビがついていたので、彩速ナビは売却。

現在BMWについているのはパイオニア製サイバーナビ(AVIC-VH9900)というモデル。
デザインからお察しのとおり、2009年製の古いものです。
しかしながら、当時の最高機種ともあって未だに地図更新が可能。今では見なくなった1DINのカーナビなので、ナビの必要のない走行ではモニターをしまって置けるのもいいですね。

P1050814

ひとまずはこのサイバーナビを延命させます。
地図更新はさておき、せっかくのHDD搭載ナビなので、音楽やら動画やらその他のカスタムもしてみたいと思います。

しかーし、これがちょっと面倒なのでした。。。

続編!怪しいドラレコ

怪しいドライブレコーダーを車載して走ってみました。
怪しいながらもきちんと記録している様子。

dora (1) dora (2) dora (3) dora (4)

昼間も夜間もそれなりに記録されていました。
しかしながら微妙にピントが合っていないのと、画角が狭いのが難点です。
ジャンク品で携帯用のワイコン探してくれば解決できそうですが。

自家製

0218 (1)

自家製のヨーグルトに憧れて、引き出物のカタログギフトで手に入れました。
市販のヨーグルトを牛乳パックに投入するだけで、紙パックまるごとヨーグルトになるという魅惑のアイテムなのです。

指定の分量通りヨーグルト(明治のR1)を入れてかき混ぜてあとは一晩放置。
翌日には立派なヨーグルトの完成しています。ヨーグルト好きにはたまらないアイテムです。

ハイラインだからこそ

P1050816

内装はこんな感じです。ハイラインパッケージなので、レザーシートと木目調が素敵です。

音質が不評だった純正オーディオは外され、社外のカーナビ(カロッツェリアAVIC-VH9900)が取り付けられていました。
美観は多少損なわれますが、音質と利便性のためにここは仕方がないところでしょう。

P1050815

古くても高級車の雰囲気は未だに色あせません。高まります。

P1050813

ステアリングを見た瞬間、このクルマの古さを感じました(笑)
でも、なんだか許せてしまうのはBMWだからなのでしょうか。
今風なマルチファンクションステアリングに交換も可能とのことなので、今後要検討です。

P1050823

BMW伝統のメータパネルです。
様々な情報が表示されるオンボードコンピューターは便利です。
ちなみに約67000キロで納車されました。

P1050808

洗車道具とハスキーの3段三脚がおいてあります。ラゲッジスペースはこんな感じ。
我が家には必要十分なサイズです。

シートは多少クリーニングしたいところもありますが、全体的には非常に良い状態です。
いろいろ手を入れて自分の車に仕上げていきたいですね。