平成最後の車検「これでしばらく戦える」編

ということで我が家のBMWは車検&修理を終えて帰ってきました。

修理屋さんと相談してプラン変更したり、サービスをしていただいたりして、
最終的に費用は32万円で済みました。これでも国産車に比べれば高いのでしょうが、
これからもこのBMWに乗っていけることを考えればそう高くはないと自分を納得させています。

嬉しかったのはエンジンマウントとスタビライザーロッドの交換によって、走りがシャキッとしたこと。
特に停車時の振動は激減していて、信号待ちではエンジンがかかっているか不安になるくらいの印象です!乗っていて気持ちが良い!

2年後の車検までにスタビライザーの交換をして足回りのリフレッシュをしたいですね。
それからトランスミッションの変速ショックが大きいとの診断をいただいているので、ATFの交換もいずれ行いたいところです。

まぁ、ひとまず最大の心配事だったオイル漏れが治ったので、安心しています。
これからどんなトラブルが起きるかわかりませんが、大切に乗っていこうと思います。

我が家の同じE46ツーリングが入れ替わりで入庫していました。こちらは6気筒の325。(4気筒乗りとしてはシルキーシックスはとても気になる存在です)

奇跡の走行距離1万キロの極上品でした。(極上でも窓はやっぱり落ちちゃうんだね)ちなみにこの車、BMWのディーラーの方がお乗りになるらしい。
最新のモデルと同時に所有するのだそうです。やっぱりE46は良いということみたいです。

こういう話を聞くと、E46乗りとしては嬉しいですね。これからもより一層大切に乗っていこうと思ったのでした。