実践での使い心地

2016-07-13_061532898_1E87E_iOS

鳴り物入りで導入したNikon D500ですが、快適に使えております。
EOSからの乗り換えでしたので操作面でもマゴツキは今でも多少ありますが、やっと慣れてきた感じです。

以前はEOS 7Dでしたので、古い機種との比較になりますが、気がついたポイント。

・高感度性能は素晴らしい。暗所の撮影でも積極的に撮る気になります。
・AF性能も段違い。18-300mmでも動きモノは結構撮れちゃう。
・スピードライトの調光性能がよい。露出にばらつきが出ないのが快適。
・デュアルスロットはとっても安心。
・チルト可能な背面液晶は超ローアングル撮影に非常に役に立つ。

とまぁ、D500だからこそ!というポイントは少ないのですが、非常に撮影が楽になりました。
露出やホワイトバランスのクセなどはEOSと比べると大きく違うので、これも徐々に慣れていくでしょう。

結論、やっぱりニコンがいい!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。