きみの名は「Leica M10-P」

手に入れて随分立ちますが、旧Leica M-Eから鞍替えして、M10-Pにグレードアップしました。

シャッター音の静かさに心打たれましたね。
ボディの厚みもフイルムのM型ライカと同じになり、握り心地がかなり向上しました。

CCD機の独特な写りも捨てがたかったのですが、M10-Pでもしっとりとした描写は健在です。そして、ボディの精密度はこちらのほうがかなりいい感じがします。
タッチパネルと外部ビューファインダーも何かと便利です。
M型ライカでレンズ遊びができるのですから、電子ビューファインダーは必須です。

なかなかフイルム、特にモノクロ自家現像も我が家では難しくなってきたので、
デジタル機での撮影がメインになってますね。
でも、心躍るカメラで撮影したいというわがままを叶えてくれるのが、このM10-Pだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。