インテリアクリーニング その1

長年の雨漏りのせいで車内がカビ臭いので車内のクリーニングをすることにしました。

まずはシートを取り外します。

外したシートは布シートクリーナーで洗浄。
丸洗いも考えましたが、乾燥が大変そうなので表面をこすっておきます。

せっかくなので、スチームも当てておきました。
いただき物のシャークスチームポータブルです。ガレージでずっとしまいこんでいましたが、やっと日の目を見ました。(笑)

シートが外れたのでフロアカーペットも外したところ。
むき出しのフロアは汚れこそありますが、致命的なサビはありませんでした。
掃除機をかけてホコリを落としておきましょう。

ちょっとしたサビはサビ転換剤を塗っておきます。

外したカーペット。
洗濯石鹸とブラシでこすり洗い。高圧洗浄機で飛ばします。
かなり汚れを蓄えていました(笑)

天気も良かったので天日干しです!

のんびりと作業しました。
ちょっと乾燥が足りなかったので、組付けはまた後日。

クルマ遊びが楽しくなってきた

ビートネタが続いておりますが、みなさまいかがお過ごしてでしょうか。

我が家には現在、
・BMW 318i  ツーリング(E46型・2005年式)
・スズキ ジムニー(JA11型・1997年式)
・ホンダ ビート(1993年式)

この3台で駐車場がにぎやかになっています。

BMWは奥さんの普段遣い用と家族での移動用が主な目的。
ジムニーは自分の通勤用、ビートは完全週末趣味車として役割分担が決まっています。

BMWのスムーズな走りと軽快ながら剛性感のハンドリングは乗るたびにいいなと思うし、
ジムニーのワイルドでスパルタンな乗り心地と4輪駆動の走破性はワクワクするし、
ビートの爽快なオープン走行とカチカチ決まるシフトフィーリングは近所の道を流すでも最高に楽しい!

自動車3台持ちになるなんて思ってもみなかったけれど、これはこれでとっても楽しいです。
手間は色々かかるけど、これも楽しみとして頑張って維持していきたいと思います。

まず、雨対策。

幌の状態がどうしようもないので、自宅駐車場ではシートを掛けることにしました。
ボディカバーも考えましたが、お値段もそこそこするので、ひとまずはブルーシートというかオリーブドラブシートで水よけしておきます。

398円のシートと、298円の荷掛け用ゴムとクリーニング屋の針金ハンガーだけです。

簡易的なものですが、ノーガード戦法よりはマシになるでしょう。

ECUを修理に出す

ヤフオクで購入した我が家のビートはECU不良が原因でエンジン始動しないという個体でした。
このために業者オークションでは不動車扱い。それを前オーナーさんが手にいれて、手持ちのECUに交換してテストしたところエンジンが始動したといういわく付きの車です。

というわけで、ヤフオクで見つけたECU専門修理の方に故障したECUを送ります。
修理中も車を動かせるように、修理品発送前に代替ECUをレンタルしていただけるという手厚いサービス付き。これはありがたいです。

修理に出す前に試しに開けてみました。
基盤が傷んでいるような気もしますが、詳しくないのでよくわかりませんでした。。。

レンタルのECUでとりあえず今は動いているのですが、低回転時で息継ぎの症状が出ていました。
アクセルをガバッと踏めばエンジンはよく回って走りますが、ちょっとだけ踏むとガクガクとするような状態。

ECU修理で直るといいなぁ。